クレジットカードの現金化は利用しても大丈夫?

MENU

クレジットカードの現金化は利用しても大丈夫?

お金が足りないので借りたくても借りられない、というときにお金を手に入れる方法にクレジットカードの現金化があります。総量規制によって消費者金融やクレジットカードのキャッシングでは合計で年収の3分の1までしか借りられなくなってしまったため、パートやアルバイトなどで収入の少ない主婦や、全く収入のない専業主婦がクレジットカードのショッピング枠を現金化して利用することが増えています。この利用方法が大丈夫であるかということについて、基本的に規約違反なので利用は避けるべきです。クレジットカードの現金化を行ったことがカード会社に見つかってしまうとペナルティとして強制解約される恐れがあり、このときにまだ支払いが終わっていない残金は一括請求されます。現金化が必要なほどお金に困っている状態では自分で支払うことができないので配偶者や親などに立て替えてもらうことになり、不正な方法でお金を借りていたことがばれてしまうので家族関係に悪影響が出てしまう危険性があります。また、換金率の高い商品を購入してそれを売却することになりますが、金利に換算すると消費者金融などから借り入れた場合よりも高い金利になってしまうので返済の負担が大きくなります。そのため、カード会社にばれなかったとしても生活を圧迫することになるので良い方法とは言えません。
換金業者を利用したときの大きな問題点として、規約違反となる行為を行っているため、業者自体が信用できるものではなく、利用者の個人情報が名簿業者に流されて闇金融に利用される危険性があります。闇金融は通常の方法ではお金を借りられずに困っている人を狙って勧誘をしてくるので、クレジットカードの現金化を利用するような人は標的にされてしまい、ダイレクトメールなどが送られてくるようになります。これを見て騙されて契約してしまうと、法定金利を上回る金利で貸付が行われるので、利用しないように注意しなければなりません。また、家族がこのダイレクトメールを見たときに、勘の良い人には闇金融に情報を流されるような行為をしたことが疑われ、クレジットカードの現金化がばれる可能性があります。
また、まともに換金してくれる業者もいますが、そうではない悪質な業者もいます。高い換金率を謳っていながら高額の手数料を取ることで実質的な換金率が大幅に低下したり、キャンセルしようとしたときに手数料を取ることがあります。あまりにも高い換金率や、短時間で換金できることを謳っているような業者には注意が必要になります。
換金業者を利用せずに自分で換金すれば良いかというと、現金化の問題があるため、換金率の高い商品券はクレジットカード払いでの購入を認めていないことが多いです。クレジットカード払いができる商品券でも金券ショップでは買取を行っていないなど、換金することが難しくなります。オークションなどを使えば売却はできますが、オークションの利用手数料を取られるので換金率が良いとは言えません。また、このような方法はカード会社も警戒して監視が厳しくなっています。商品券の購入状況でカード会社に現金化に利用していることを気付かれてしまうこともあるので、やはり危険な方法であることに変わりはありません。
どうしてもお金を借りたい場合、銀行カードローンで利用できないものがないか検討してみると良いでしょう。大手の消費者金融では配偶者の収入で借り入れを行う配偶者貸付を認めていませんが、銀行であれば配偶者に収入があれば本人に収入がなくても借り入れを認めているカードローンがあります。配偶者に合意を得る必要はありますが、クレジットカードの現金化のように高い金利になることもないので返済の負担も抑えられます。また、配偶者に知られずに借りたい、という場合でも利用できる銀行カードローンがあります。銀行は総量規制の対象外なので、本人に収入が全くない状態でも法律で借り入れに制限はかけられておらず、銀行側の判断で貸し付けを認めるか決めることができます。このようなカードローンでも返済能力を全く考慮しないというわけではなく、配偶者や家族などの収入で返済できることを見込んでいるため、状況によっては審査に落ちてしまうこともありますが、配偶者に同意を得る必要がなく、配偶者の年収証明書を提出したり、勤務先に在籍確認の電話が入ることもなく、返済の遅延を起こさなければ配偶者に気付かれずにお金を借りることができます。ただし、本人の返済能力が十分にない相手に貸し付けを行うことはリスクがあるため、借りられる金額の上限は最大のものでも50万円程度までになります。
このように、総量規制で消費者金融やクレジットカードでお金を借りられなくても銀行のカードローンを利用できる場合があります。危険性のあるクレジットカードの現金化に手を出す前に、このような銀行カードローンを利用できないか試した方が安全です。