ブラックでもお金が借りれる個人間融資とは

MENU

ブラックでもお金が借りれる個人間融資とは

「ブラックになるとお金を借りることが出来ない」ということを知らない人はあまりいないでしょうが、具体的にどのような状況になるとブラックになってしまうのかということを正確に理解している人もそれほど多くはいません。自身がとった行動の一つ一つが原因となってブラックになる可能性がある以上、「何を、どうすれば良いのか」という判断を的確に行えるように知識や知恵を身に付けることは非常に大切です。

 

しかし、もしも意図せずにブラックになってしまってお金を借りることが出来なくなってしまったとして、「どうしてもお金を借りなければいけない状態」に陥った時にはどうすれば良いのでしょう。

 

最も確実で安全な方法は「貯金を使う」ことです。自身のお金ですから自由に使っても何の問題もありませんし、誰に迷惑をかける訳でもないので最優先で選択したい方法と言えるでしょう。しかし、そもそも貯金をしていなければ利用することが出来ませんし、しっかりと貯金をしていたとしてもその範囲で対応できるとは限らないというデメリットもあります。

 

状況はどうあれ、最終的に「借りる」という選択肢しかないと判断した場合には、「ブラックでもお金を借りられる方法」を良く調べて理解することが必要です。ブラックでもお金を借りることが出来る方法と言えば、まず最初に「闇金」を思い浮かべる人は少なくないでしょう。闇金業者であれば、法外な利息を支払わなければいけないというリスクを乗り越えることが出来れば「ほぼ誰でもお金を貸してもらえる」というメリットがあります。

 

しかし、現在における上限金利である20%を遥かに超えた方が無い金利で利息を請求されてしまうというリスクは非常に大きなもので、たった1万円を借りただけなのに数百万円の返済額になってしまうということも少なくありません。「間違いなく返済できる」という確証がある場合に限り、最終手段として利用するという選択は可能ですが、確実に返済したとしても「個人情報が流通してしまうリスク」があります。なんにしてもリスクが付きまとう訳ですから、いかなる状況においても利用するべきではないというのが賢明な判断です。

 

では、消費者金融や銀行からの融資を受け得ることが出来ない場合にはお金を借りることが出来ないのかと言うと、決してそんなことはありません。もちろんお金を借りるまでのハードルは非常に高くなってしまうことは間違いありませんが、しっかりと方法を選択していけばお金を貸してもらえる可能性は十分にあり得ます。

 

消費者金融からの借り入れは無理かもしれませんが、融通の利いた融資が可能である銀行ならば相談次第で融資が実現する可能性があります。本人のみでは契約で書きなかったとしても、「担保や保証人を立てる」という方法でなら融資をしてもらえる可能性はあります。後は、何某かの資産を担保に出す決断をしたり、周囲の友人や親・親族などに頭を下げる覚悟を持つことが出来れば良いだけです。

 

このような対応が可能であれば、ブラックであっても銀行から融資を勝ち取れる可能性は格段に高くなります。しかし、どれ程準備をしたとしても融資を受けられないこともある為、何か別の方法も検討しておく必要があります。

 

その一つの選択肢となるのが「個人間融資」というものです。本来、営利目的で金銭を貸与する行為は資格が必要になりますが、「あくまでも友人同士のお金の貸し借り」という体を持って金銭を貸し付ける方法をこのように呼んでいます。銀行や消費者金融などは、申し込み時に詳細な情報を参考にする他に「個人信用情報機関」に登録されている情報も参考にしています。しかし、個人間融資の場合は「本人同士の信頼関係」のみで融資を受けることが出来るので、可能性が高くなります。

 

融資を希望する人に関して、融資をする側が必要とする確認を行った後に融資をしてもいいと判断してもらえれば融資を受けることが出来ます。金利はお互いの話し合いで決めることになりますが、合法的な保険が存在しない関係なので比較的高めに設定されやすい傾向があります。

 

ただ、「融資する側が求める対価は金銭に限定されない」ため、例えば物品を持って融資をしてもらうと言った状況もあります。相手が希望する報酬を準備することが出来れば融資を受けられるという特長があることも、個人間融資が借りやすいと言われる所以です。

 

リスクを十分に理解したうえで利用することが重要ですが、万が一、個人間融資でも対処しきれなかった場合は「ソーシャルレンディング」や「国や自治体の制度」を利用することも検討しましょう。特に国の制度であれば「担保や保証人が不要でブラックでもお金を貸してもらえる方法」がいくつも存在しています。即日融資を受けると言ったことはまず無理ですが、数日程度で10万円程度のお金を借りることは十分に可能で、最終的には毎月定期的にお金を借りることも出来ます。