多重申し込みでブラック

MENU

多重申し込みでブラックになってしまった方でも借りれる消費者金融

過去に破産や返済遅延などの金融事故を起こして個人信用情報機関に登録されてしまうことを、俗にブラックリストに載ったなどと言うこともあります。ブラックリスト入りしてしまうと、まず一般的な銀行や大手金融機関などでは審査に通ることができなくなってしまいます。中には審査が緩い所もありますが、よほど軽度な内容でなければ無理だと言えます。しかしブラックリスト入りしてしまったものの、どうしても近日中にお金が必要になるということもあります。このような場合、実はブラックだからと諦める必要は全くないのです。ブラックでも審査をクリアしてお金を借りることができる金融業者は、実際には数多く存在しているのです。審査が厳しいことで有名な銀行系の融資は難しいですが、消費者金融な街金であれば審査が緩く、ブラックの人にでも金額が小さければ即日融資してくれるところもあるのです。

 

一般的にブラックとは、前述したように破産や返済が何度も滞ってしまった人などが登録されるものですが、他にも金融業者に対して融資の申し込みを同時期に複数行ってしまっただけで登録されてしまうケースもあります。短期間に何度も申し込みを行えば、よほどお金に困っている人だという印象を持たれてしまうため、一時的にせよ要注意人物としてブラックリスト入りしてしまうのです。こうなると融資の審査に通る可能性が非常に低くなってしまうため、申し込みを検討している場合はできるだけ1社か2社など少ない業者に厳選しておくようにしましょう。申込をしただけでブラックになってしまうとは思っていない人が多いため、いざ改めて申し込みをしようとした際に困ってしまうことが多いので注意が必要です。

 

このようなブラックリストに登録されてしまったら、自分はもう二度とお金を借りることができないと焦ってしまいがちですが、一生ブラックリストに残り続ける訳ではないのでそこまで心配する必要はありません。どのような金融事故によってブラックリスト入りしたかにもよりますが、一般的にはその事象から5年から7年程度経過すれば個人信用情報機関の情報は削除されることになっているので、時間さえ経過すればまた融資を受けられるようになります。前述した同時期の複数の申込など軽微な内容であれば、半年程度で情報は削除されるのですぐに新たな申込をして融資を受けることもできます。もし現在すでにどこかからか融資を受けている場合、返済を毎月滞りなく続けていけば信用を回復して審査を受け付けてくれる金融業者も現れる可能性があります。どうせブラックだからと自暴自棄にならず、誠意をもって返済を続けていくことが大切です。

 

ブラックになってしまってもお金が必要になった場合、大手の銀行など審査が厳しい業者では難しいですが、それ以外の消費者金融などであれば融資を受けられる可能性はあります。もしこのことを知らずに何度も繰り返し銀行系のカードローンなどに申し込みをしてしまえば、ただでさえブラックになっているところへ複数申込という状況が重なり、ますます多重申し込み者として警戒され、ブラックの状態が延々続くという悪循環に陥ってしまうので注意が必要です。
ブラックでも融資を受けられる条件としては、やはり返済が可能だということをアピールするためにもしっかり仕事をして収入を得ていること、ブラックリスト入りした後の返済は滞りなく適切に行われていることなどが挙げられます。また、随時必要な連絡が取れるように日中でも使用可能な連絡手段があるということも重視されます。他にも金融業者によって様々な条件はありますが、基本的にはこういった条件さえ満たしておけば消費者金融であれば問題なく審査をクリアすることはできると言われています。ブラックで仕事もしていないという人は融資を受けることは難しいですし、例え仕事に就いていたとしても返済が相変わらず滞りがちという人も拒否される可能性が高いです。ブラックリスト入りしている人は、金融業者が連絡を取ろうとしてもなかなか連絡が付かないという人も多いため、いつでも連絡可能な手段が用意されているという点を最低限の条件としている業者も多いです。
こういった条件を満たしているかを見直した上で、ブラックリスト入りしている人は中小規模の消費者金融を探して申し込んでみるようにしましょう。大手や銀行系はまず無理なので、知名度は劣りますが審査が甘い傾向のある中小消費者金融の方が適しています。何度も申し込みをしてしまえばさらにブラックリスト入りしてしまうことになるので、最初から審査に通りそうな消費者金融に絞って厳選し、申し込むのが融資を受けられる近道だと言えます。消費者金融の中にも審査の厳しい業者や甘い業者が存在するので、インターネットなどを活用して審査が緩めという評判のある業者を探すことが大切です。また、いくら審査が甘くても、金利や取り立てなどに心配が残る闇金が避けたほうが無難です。