無職だからお金がないので借りたい

MENU

無職だからお金がないので借りたい

お金を借りたい時に無職ですと貸付をしてくれるところは通常はありません。金融機関は返済ができる状況にあることを大前提にして貸付を行っており、また利息で利益を得ていますので、将来的に返済が滞ると目に見えている場合ですと貸付をするメリットもなく審査段階で落とされてしまいます。
しかしながら無職は特にお金を必要としている状態でもありますので、お金がないと不便があるものです。そういった時でも借りる方法がないわけでもありませんが、そのひとつとして挙げられるのが闇金です。無職の場合でも簡単に貸してくれることがありますので利用する例も現実として少なくありません。
ではなぜ闇金は無職だろうと貸してくれるのかと言えば、本人以外から取り立てをすることを前提にしているからです。配偶者や家族などに収入があればそちらの方に取り立てを行いますので、無職だろうと簡単に貸してくれることがあります。
無職でもお金を借りられるという意味では便利な存在にも見えてしまう闇金ですが、無論、迂闊に利用してしまうのは良くありません。法外な金利をつける悪徳業者ですので返済で苦労してしまうのは目に見えています。無職で借金をすれば自分以外の人間にも迷惑がかかってしまい、時には家庭が崩壊する原因になることもありますので、お金に困ったとしても利用してはいけない存在と言えるでしょう。
ただ現実問題として無職でお金がないのは困る状況でもありますが、しかし特定の条件を満たしている場合ですと安全に借りられることもあります。
それは専業主婦や年金受給者の場合です。いずれの場合も配偶者による収入や年金による収入がありますので、無職という立場でもお金を借りられることがあるのです。
ただし、利用限度額は低く設定されてしまうことがあります。一応の収入があるといっても返済能力が高いとは言えません。そのため通常なら数百万円まで借りられるところ、専業主婦などですと数十万円が上限として設定されること多いです。しかしながら限度額までは何度も利用することができますので、お金に困ってしまった時の緊急手段としては役立つと言えるでしょう。
では配偶者もおらず年金受給者でもないという時にはどのようにしたら良いのかという点も疑問を感じるものです。基本的には無職で収入がない状況ですと貸付を受けるのは無理ですので、お金を借りるのは現実的に難しい問題と言えます。
しかし逆に言えば無職で収入がない状況さえ変えることができれば貸付を受けることも可能です。そのための方法として手っ取り早いのはアルバイトをすることです。アルバイトでも立派な収入になりますので貸付も行ってもらえる可能性が高くなります。また、アルバイトなら特別な資格や経験などが不要で就けることも多いため、正社員の仕事が見つからない時にも最適です。
ただ注意したいのがアルバイトを始めたからといってすぐに借りられるわけではないということです。安定した収入があることが重視されるなか、アルバイトを始めてからまだ数日や数週間程度ですと、貸付をする側からすれば辞められてしまうリスクがあります。そのためある程度の継続期間がないと借りることは難しいことがあるのです。
審査を通過できるラインとしては最低でも半年はアルバイトを続けていることが大切です。しかし半年ですとまだ落ちてしまうリスクがありますので、審査にトライするのは1年くらいは継続してからの方が安心と言えるでしょう。
アルバイトをするだけで状況は好転する可能性が高いのですが、もしアルバイトすらもできない状況ですとお金を借りるのは絶望的です。もし収入がない状態でお金を借りたいという場合は身の回りに人に頼るしか手段はありません。
例えば親や友人などです。特に親ですと子供が困っている時には用立ててくれる可能性もあるはずですので、頼ってみるのもひとつの手です。もし親に心配はかけたくない時には友人に頼る方法もあります。闇金を利用するくらいなら親などから借りた方がまだ健全とも言えますので、選択肢としては闇金よりも前に持つようにした方が良いでしょう。
ただ、身内や友人などからお金を借りるのは時にトラブルになってしまうこともありますので、安易に選択肢に入れてしまうのもよくありません。お金の問題はシビアなところもありますので、他人でもある友人はもちろんのこと、家族ともトラブルになってしまうこともあるのです。お金をきっかけに縁が切れてしまうこともありますから、よく考えて相談をしなければいけません。
そうしたリスクも考えてみると無難なのはアルバイトをすることです。自分自身で稼いでお金を借り、そして返済をしっかりと行えば大きな問題になることもないはずです。無論、お金を借りられる立場でも借金まみれになるようなことではいけませんが、計画的に利用する分には社会的にも悪いこととは言えないでしょう。