MENU

ブラックの人がお金を借りる方法とは?

カードローンやクレジットカードの返済が著しく延滞したり、あるいは、返済不能状態となって任意整理、自己破産などの債務整理をした場合には、その事実が事故情報として個人信用情報の一定期間記録として残ることになります。これが、いわゆるブラックリストにのるということで、金融機関の審査時には必ず各個人信用情報がチェックされますので、過去の事故情報を知られると審査に通ることは難しくなります。従って、いわゆるブラックリストにのると一定期間が過ぎて記録が削除されない限りは、新たにカードローンやクレジットカードを利用することが難しい状態が続くことになります。
ただし、現実的には、難しいという状態で必ずしも利用できていないというわけではありません。もちろん、レアケースではありますが、自己破産や任意整理をしていながら5年経過せずにカードローンやクレジットカードの審査に通ったという人も少なからず存在しているのです。一体、ブラックの人がお金を借りているケースには、これも含めてどのようなケースがあるのでしょうか。
まず、ブラックの人がカードローンやクレジットカードでお金を借りているケースとしては、地元密着型の中小の消費者金融、外資系のクレジットカード会社などがあります。いずれも、大手業者のように自動的に審査を行うのではなく、過去の情報よりも今現在の返済能力を重視する審査を行っている業者の場合です。過去のある特定の時期だけを見て、その人のすべてを判断するのではなく、今現在のステータスに重きを置いて審査しますから、債務整理はしたけれども短期で復活して高収入を得ているという人は大勢いますから、その人たちの場合には返済能力が十分にあると判断されるわけです。これが大手消費者金融などの自動審査だと有無を言わさずに個人信用情報に記録がある時点で審査落ちとなってしまうところです。つまり、レアケースですが、業者次第では利用できるところもあるということです。
ただし、中小の消費者金融業者の場合には、テレビCMをしているわけでもなく世間的には無名の企業がほとんどとなりますので、これらの中には闇金が紛れ込んでいることもありますので注意が必要です。特に、彼らの場合には、普通に正規の消費者金融業者から借りられるステータスの人をターゲットにはしていません。彼らのターゲットになるのは、正規の金融業者からは借りることができない、さりとてお金に大変困っているという人たちなのです。つまり、怪しい業者かもしれないと分かっていながらも連絡をしてくるほどに、困り果てている人たちなのです。簡単に言うと、闇金の目的は、利用者から高利の利息を取ることではなく、お金を借りるためならば何でも言うことを聞くという人たちなのです。利用してしまったら最後で、名義貸しに利用されたり、オレオレ詐欺の片棒を担がされたりと犯罪行為に巻き込まれることが多いですから、決して利用してはいけません。もちろん、みんな分かってはいるのですが被害者が後を絶たないというのが実情でもあります。
最近、インターネット時代を反映した新たな借金事例が登場しています。いわゆるソーシャルトレーディングの個人間融資と呼ばれるこの方法は、インターネット上でお金を借りたい人とお金を貸したい人を結びつけるシステムです。大手の金融業者が行っておるものから、掲示板で個人間でのやり取りで成立している事例まで多くのケースがあります。言うまでもなく、大手の業者が仲介している場合には、安心して利用できますが、審査などは相応に厳しいものとなります。逆に,掲示板での個人間でのやり取りで成立するケースでは、審査は非常に緩くブラックの人でも利用することができる場合もありますが、安心感などはなくリスクの高いものとなります。ここにも闇金が個人のふりをして入ってきているのです。掲示板にブラックの人でもOKなどとあれば要注意です。
個人間融資の場合には、相手が個人ですし余計なコストが掛かっていませんので、カードローン業者を利用するよりもお得に借りられるケースも多いのですが、それはやはりステータスの良い人の場合であることがほとんどで、債務整理経験者などのブラックの人の場合には、かなりリスキーなものとなる可能性が高いと言えます。お金を貸すほうの立場になって考えてみれば当然で、いくら少しばかり良い利息が取れるとしても、返済能力の乏しい人に融資しては結局お金が戻ってこないことのほうが多いのです。従って、ブラックの人に融資をしようと考える人はよほどの人ということで、その場合には、闇金が個人のふりをして潜んでいる可能性が高いということです。
また、お金を希望通りに貸すので保証料として数万円を先に振り込んでほしいということで、約束通りに振り込んだら音信不通になったとか、審査のために提出した免許証やパスポートが悪用されるなどの詐欺事件も横行していますので、慎重に利用しなければなりません。