審査に落ちて借りれない

MENU

お金が必要なのに審査に落ちて借りれない時の方法

長く続く日本経済の不況や経済格差の中で、度重なる出費に財布の中身や銀行の預金残高がすっかり底をついてしまうケースも少なくありません。しかしそう言った時に限って大切な出費の機会は幾度も舞い込んでくるもの。賃貸住宅の更新費や公共料金の支払い、保険料や借金の返済、それから仕事関連の接待や交遊費、恋人とのデート費などその可能性は数限りなく存在します。それに結婚してお子さんのいらっしゃる家庭であれば、子育てのための費用も大きくのしかかってくるもの。成長すると教育費などの面でまた多様な支払いに迫られることとなります。

 

一人の人間として、そして親として家族に苦しい思いをさせることなく生活を続けるには、これらの支払いのたびに必要額を的確に捻出していくことが何よりも大切です。その意味でも銀行や消費者金融は誰にも迷惑をかけずにスピーディーかつ簡単に契約できることが大きな魅力のサービス。スマートフォンを使ってネット申請でキャッシングを受けたり、あるいは事前にカードローン契約を結びカード発行を受けることで、お金が必要な際にはさっと提携ATMまで駆けつけて必要額を引き出すことができるというサービスもあります。

 

ただし、気をつけたいのはこれらの融資を受けることができない場合です。銀行であれ消費者金融であれそれぞれの審査基準が存在し、申請者の個人情報をチェックする上ではこれらの審査基準と照らし合わせて融資の可否を判断することとなります。職業、勤務先、年収の面で経済力や返済能力が不足していると判断されて審査落ちする場合もありますし、または過去に返済事故を起こした履歴が残っていたり、あるいは短期間中に多くの業者に借り入れ申請して断られていたりしたことがあると、これもまた審査落ちの可能性が高まります。また勤務先への在籍確認の電話をかけたものの本人の勤務実態がうかがえなかった場合にも審査落ちの対象となります。

 

もしもこれらのいずれかに該当して審査落ちが濃厚となった際には、すぐに他の借り入れ機関を探す必要性が生まれます。この時、一体どのような方法が残されているのでしょうか。

 

まずすぐに頭に浮かぶのが親や友人に借りるという方法です。理解と信頼のあるそれらの近しい人々であれば貸してくれる可能性も高いことでしょう。ただしその代償として、今後はお金の問題にすぐに口出しされてしまったり、悪い噂が広まったり、返済が遅れがちになると大切な関係性そのものを損なうことにもなりかねません。

 

これらの事態を回避する上でも、やはりここは自己責任のもとで借り入れできる金融会社を活用した方が最適という結論となります。ブラックでも借り入れできる会社としてすぐに闇金を思い浮かべる人もいるかもしれません。しかしながらここですぐに闇金に手を出すのは早計です。闇金は確かに厳しい条件の申請者に対してもゆるい審査基準にて借り入れを可能とさせてくれます。もちろんブラックでも借り入れ可能。ある程度の高額の融資にも応じてくれるケースがほとんどです。

 

ただしその金利は一般的な金融会社からすると比べものにならないほど高く、返済に関してもきちんと行わねばかなり厳しい取立てが開始されます。自宅や勤務先に催促の電話が及ぶことはしばしばで、または取立て人が実際に訪れて高圧的な態度で返済を迫られたり、あるいは暴力行為を振るったり、迷惑行為を行う場合もあります。さらに返済の代案として違法行為を強要されたり、さらなる高金利の関連会社からの強制的な借り入れを迫られ借金地獄に陥ることも少なくありません。最悪の場合には家族に危険が及んだり、あるいは自身の生命を担保にこの問題を終わらせたいと思うほど精神的に追い詰められるケースも多く、人生を完全に棒に振ってしまうリスクがつきまといます。

 

その一方、これらの審査落ちからの救済として、闇金ではなく中小の消費者金融を活用するという方法があります。消費者金融として知られるのはTVのCMで全国的に知名度の高いところばかり。そのような業者は知名度ゆえに様々な利用者が利用申請を行うため自動的に審査を厳しく設定せずにいられない現状にあります。対する中小の業者では、これらの一般的なメジャー会社と違って、地域密着型の親身になった融資を実施しているものも多いもの。通常は通過できないような借り入れ条件や、信用記録にブラック情報がつきまとう人でも、思いがけない形で審査通過できる場合があります。逆に言うとこれらの企業は、メジャー系企業から審査落ちしてしまった人をすくい取ることで顧客を増やし、融資件数を増やしていると言えるのです。

 

これらの中小業者の借り入れを活用するにあたっては、特にメジャー系に比べて変わった手続きを行わねばならないことはありません。キャッシングであれカードローンであれ、ネットや電話、店舗窓口、郵送などから申し込みが行われ、またカード発行している場合には提携ATMからの融資が可能です。このように各社のサービスを便利に使いこなすことによって、これまで諦めていた多くの不可能を可能に転じさせることができるでしょう。