消費者金融断られた

MENU

お金を借りたいが大手では断られて借りれない人が借りる方法

お金を借りたいが、大手の消費者金融で断られてしまった人は、闇金で借りることも考えるかもしれません。しかし、闇金で借りてしまうと、年1000%〜3000%という暴利がとられるうえ、なかなか完済をさせてくれなかったり、家族や職場にまで嫌がらせの電話をされてしまったり、人生をめちゃくちゃにされてしまう恐れもあります。

 

また、闇金に口座番号などの個人情報を知られてしまうと、裏でつながりのある悪質な業者などに個人情報を回されてしまい、さらに被害が拡大してしまうということもあります。申し込みをした業者とは別の、もっと悪質な業者から詐欺のターゲットにされてしまうということも実際に起きています。具体的には、頼んでもいないのに口座にお金が振り込まれて、高額な利息をつけて返還を求められるといった詐欺の被害などがあります。

 

大手の消費者金融で断られた人は、中小規模の消費者金融を検討してみましょう。中小規模の消費者金融の審査は甘くはないですが、人によってはあっさりと借りられることもあります。

 

大手では断られたが、中小規模の消費者金融では借りやすい人の特徴として、ブラックリストにのっている人があげられます。普通に考えれば、ブラックリストにのっている人は長期の延滞をしたり、契約違反をおかした人ですので、どこの金融機関でも嫌われてしまう傾向があります。しかし、中小規模の消費者金融では、大手で断られた人もたくさん申し込みをします。2年前に自己破産をしたが、現在は正社員として働いていて、年収400万円以上の安定した収入があるという人などは、過去にトラブルを起こしてはいるものの、返済能力はあると認められ、中小規模の消費者金融では借りられる可能性があります。

 

ブラックリストにのっている人が有利になるというわけではないということは誤解しないでおいてください。ブラックリストにのっている人や、信用情報に傷がついている人は、たしかに不利にはなります。銀行なら年収がどんなに高くても断られる可能性が高いでしょう。しかし、中小規模の消費者金融では、柔軟な審査がされるので、マイナスポイントがあっても総合的に評価が高ければ、融資を受けられる可能性があるということです。

 

多重債務者の人も、5社以上から借りている人は難しいですが、4社くらいで借りている人ならば、まだ可能性はあります。消費者金融では総量規制がかかり、年収の3分の1を超える貸付は受けられませんが、逆に言えば年収の3分の1を超えていないなら、追加で借りられる可能性があるということでもあります。

 

中小規模の消費者金融では、10万円未満の融資にも対応しています。大手の消費者金融でカードローンを作ると、最低でも10万円の限度額がつきますので、3万円だけを借りたい場合でも、10万円の枠が使われてしまいます。それに対して、中小規模の消費者金融なら、3万円だけを借りたいとき、フリーローンで3万円だけを振込みをしてもらうということが可能になります。カードローンのように枠の範囲内ならいくらでも追加融資を受けるということはできませんが、10万円未満の少額の融資にも対応しているということがメリットになります。

 

例えば、年収が300万円の人で、すでに92万円を借りてしまっている人は、大手の消費者金融で限度額10万円のカードローンを作ってしまったら総量規制に違反してしまいます。しかし、中小規模の消費者金融で8万円だけを借りるということなら、総量規制に違反しません。

 

このように、闇金を利用しなくても、正規の金融業者でも借りる方法があります。中小規模の消費者金融でも、それぞれ特徴があり、審査に通りやすいところや、そうでないところもあります。1社で落ちても諦めず、次の1社に申し込みをしてみましょう。

 

もしも中小規模の消費者金融にいくつか申し込みをしてみて、すべて断られてしまったら、それ以上借金を増やすことは危険だということです。債務整理を検討したほうがいいかもしれません。

 

中小規模の消費者金融では、リスクの高い人でもお金が借りられる可能性が高いです。しかし、銀行や大手の消費者金融が、「この人にお金を貸しても返ってこないかもしれない」と判断したということなので、それなりに危険な状況だということは理解をしておきましょう。審査に通ったとしても、そこがゴールなのではありません。借金をすべて返済をしたところがゴールです。

 

また、借金を返済するために大変な思いをしたり、趣味や人間関係を犠牲にして働くことになったら、それは幸せとは言えないでしょう。借金は人生を豊かにするためにするものであり、借金をしたために不幸になってしまったら意味がありません。それならば、最初から借金などはしなければよかったということになります。

 

中小規模の消費者金融なら、借りられる可能性はそれなりに高いですが、無理のある借金をしないように気をつけておきましょう。