闇金電話の対策対処 返済義務

MENU

闇金から借金をした場合の返済義務はあるの?

 

闇金から借金をした場合の返済義務はあるの?

借金の返済でいちばん寄せられる悩みが多いのは、闇金からの借金についてです。

 

法外な利子をとっているところが多く、それに困り果てながら資金繰りをしている方も多いでしょう。

 

そもそも闇金からの借金は、返済の義務が生じるのでしょうか?

 

そのあたりを詳しく調べてみました!

 

■闇金の位置づけについて

 

そもそも闇金は、正規の届出や法的手続きをふんだ金融会社ではありません。通常、貸金業者としてちゃんと会社登録していなければお金を貸してはいけないと法律で定められています。闇金はこういった手続きを無視して、私たちにお金を貸し付けようとしてくる違法な人間ばかりなのです。雑居ビルの一室を借りて、片手間に金貸し業まがいなことをしているパターンが多いです。

 

闇金の特徴としては、電話一本かければお金を貸してくれる・審査なし、誰でもOK、他社でブラックリストに載っていてもOKといったような謳い文句をかかげているところが多いです。非常に金貸しの基準・査定が甘いのが闇金業のわかりやすい見分け方です。

 

これらの闇金業は法外な利子をつけて借金の返済を要求していきます。借金をした人は、この利子を返済するのでいっぱいいっぱいになってしまい、なかなか本来の借金自体を返せなくなってしまう負のスパイラルに陥ってしまうことが大半になります。

 

■闇金業者に対する借金の返済の必要性

 

執拗なまでの取立て、恫喝に近い脅し文句での取立て、どちらもヤミ金業者にはありがちな借金回収方法です。これらに怯えるあまり、言われるがままに高い借金を返済し続ける債務者の方がいますが、実はその必要はないのです。

 

闇金業者は前述しましたが、正規の貸金業者ではありません。そのため、例え金を借りたといっても相手が闇金会社であれば返済の必要は一切ないのです。恐怖感にかられて今まで高い利子を支払い続けてきた方は、勇気を持って返済をストップしてください。

 

ただ闇金業社も「もうお金は返しません」の一言で引き下がるような相手ではないと思います。そもそも違法な貸付をしてくるような輩ですから、ちょっとやそっとでは請求をストップするなんてことはないでしょう。取立てが止まない場合は、お近くの法律事務所へ行ってぜひ相談してみてください。

 

弁護士からの正式な申し出がヤミ金業者へすることができれば、相手もそれ以上は強く出てこれないはずです。無料で話を聞いてアドバイスしてくれるところもありますので、まずは一歩踏み出してみましょう!