闇金(ヤミ金)の電話の対策すぐに逃れる方法

MENU

闇金が返済させてくれない時の対処対策方法

 

闇金が返済させてくれない時の対処対策方法

ここ数年で相談者の数がどんどん増えているのは「闇金業者とのトラブル」に関する相談です。

 

闇金業者は違法に債務者から利子をふんだくっている、非常に悪質な輩たちです。

 

しかしお金を借りるハードルが低いため、利用者が後を絶たないのが現状です。

 

今回はそんな闇金にまつわる話を中心にしていこうと思います。

 

■闇金業者の特徴

 

まずはどんな点が闇金業者の特徴なのかをしっかり捉えておくことが大切です。一般的な貸金業社というのは、国から営業資格をしっかりとって営業しています。私たちがよく知っている銀行や消費者金融というのはそういった類にあたります。

 

しかし闇金業者というのはこのような営業資格を持っていません。つまりは違法にお金を貸して、その利子から甘い汁をすすっている悪徳な会社なのです。貸金業法という法律が定めるところでは、貸金業法は年20%以上の利子はとってはいけないとされています。

 

闇金業者はこれらの法律を完全に無視して独自の利子や利息を設定しているのです。たいていのばあいトイチ(10日で1割の利子)をつけられることと思います。

 

この利子がどんどん積み重なっていって、債務者は利子を返すのがやっとの生活を強いられます。どんなにお金を返しても返しても、元金はまったく減っていかない・・・。こういった悲惨な債務者の現状があるのです。

 

■悪質すぎる闇金業者の手口

 

さらに闇金業者は悪質な手口を使ってきます。それは「債務者にお金を返させない」という行為です。債務者が必死になって調達してきた返済金を、わざと受け取らずにどんどん遅延させるのが闇金業者の手口なんです。

 

これをすることによって、闇金業者は借金返済の期限日をオーバーさせるように仕向け、新たな利子が発生するようにしています。こういった血も涙もない戦法をとってくるのが闇金業者です・・・。

 

これによって債務者はせっかく返せるはずだった元金の分をまた支払うことができず、どんどん借金完済が遅れていきます。これは闇金業者が債務者を解放しないよう飼い殺しにする手段として用いられています。

 

■まずは無料相談!

 

こういった悪質な行為を受けたら、まずは弁護士に相談しましょう。法律の知識を持った専門家であれば、いくらでも闇金業者を迎え撃つことができます。

 

最近はネットでの相談も主流になっているので、「直接事務所に行く勇気がない・・・」というかたはメールや専用フォームから借金相談してみてはいかがでしょうか?