夜逃げしたら闇金は諦めるのか?

MENU

夜逃げしたら闇金は諦めるのか?

 

夜逃げしたら闇金は諦めるのか?

闇金を利用して借金を作ってしまい、それが返済できなくなってしまったことで夜逃げを考えるというケースは少なくありません。

 

昭和のころのドラマなどでは時折夜逃げのシーンが描かれていましたから「借金の問題を解決するには夜逃げしか無い」と考えている人は今でも見受けられます。

 

確かに夜逃げをして誰も自分のことを知らない土地で生活することが出来たのであれば、闇金からの取り立てはまず止まると思って良いでしょう。しかしながら現実的なことを考えると、夜逃げというのは全くお勧めが出来ない下策と言わざるを得ない策なのです。

 

ではどうしてそう言えるのか、

 

まずポイントになるのは夜逃げの前提が自分のことを誰も知らない土地に行くということにある点です。もし夜逃げの先として中国なりアメリカなり海外に逃げることを考えていて生活していくための当てがあるのならば、お勧めは出来ませんが不可能ではないでしょう。

 

しかし日本国内で夜逃げをするとなれば、どうあっても住民票を移さないわけにはいきません。日本という国は世界的に見ても社会保障に力を入れている国で、税金を納めている国民であれば誰もが健康保険や国民年金といったような社会保障を受けられるようになっています。

 

しかしこの手続きには住民票が必要となりますから、住民票を移さないことには日本国内で日本人として当然の暮らしをすることが不可能になります。加えて仕事に就くにしても企業側が採用をする場合には手続きのためにそうした公的書類を確保しなくてはならず、住民票を移さないということはまっとうな職にも就けないことになってしまうでしょう。

 

しかし住民票を移すとなれば少なくとも誰にも知られないということは出来ませんし、闇金によっては不法な手段で住民票の異動記録を確認して追ってくることがあります。よって住民票を移さないと生活が出来ない、しかし住民票を移すと足がつくという矛盾があるわけです。

 

さらに重要なポイントになるのが

 

夜逃げよりも確実な解決策は既に存在しているという点です。その解決策となるのが弁護士の力を借りることで、そもそも闇金と言うのは不法に営業をしている貸金業者であり、その経営は不法行為にほかなりません。

 

このことを踏まえると闇金からの借金は「不法行為の被害」となり、法律的に返済する義務が生じないものとして扱われます。これは裁判においてもしっかり出ていることであり、弁護士であれば誰でも知っている基本中の基本です。

 

このことを知っていれば最高の対策となるのは夜逃げよりも弁護士を立てて立ち向かうことだと理解できるでしょう。闇金側としてもこうした判例が出ていることは承知の上で貸付を行っていますから、もし弁護士が話に入ってきたとなればすんなりと契約解除とまではいかなくとも、その後の返済を一切行わずに関係を断てる可能性が高いです。

 

いつまでも返済が終わらない借金を見ると夜逃げを考えたくなる気持ちも出てくるでしょうが、こうした理由で夜逃げをするなど何の意味もありません。どうしても苦しいと感じた時には弁護士に相談して解決するようにしてください。

 

夜逃げの方法

 

夜逃げの方法

現代社会では消費者がお金を借りる手段というものはいくつもあり、必要に応じてそれらのなかから自分に最適だと思われるものを選択して上手に利用することができれば、

 

手持ちのお金が足りないというような金銭的な問題を避けることができ、ゆとりを持って生活をしていくことができます。

 

特に消費者金融や信販会社などのいわゆる貸金業者からの貸付を受ける際には、法律によって利息の上限などの消費者を保護するためのルールが明確にされており、借金の滞納などをしない限りトラブルが発生してしまう心配はありません。

 

しかし、消費者の中には比較的安心してお金を借りられるはずの消費者金融などの業者を利用できないという人も少なくはありません。そのような人の多くはすでに複数の借金をしていたり、あるいは債務整理をした履歴があることが原因となって貸金業者の審査に通ることができないといった事情を持っていいます。

 

そのため、

 

お金が必要な場合であっても一般的な人のように簡単にお金を借りることができずに闇金に手を出してしまいがちです。闇金とはその文字からも想像がつくように、一見すると消費者金融と同様の業者のようですが、実際には貸金業者としての正式な登録を行なっていない違法な金融業者のことを指します。

 

闇金は他社に断られた人であっても融資が可能なことを宣伝文句としているため、お金を工面しなければならない事情を抱えている人にとっては救いの手のように思われがちです。しかし、実際に闇金に手を出してしまった場合には後々、大きな後悔をする破目になってしまいます。

 

闇金は非常に高金利で融資が行われているので、利息を支払うだけで精一杯となってしまうのです。やがては利息が利息をどんどんと生んでいくので、ごく短期間の間に借金の金額は膨らんでいきます。そもそも、闇金に手を出してしまう人は金銭的に余裕があるわけではないので、最終的に借金の返済に行き詰ってしまい厳しい取立てや返済を迫る脅しに頭を悩ませることになります。

 

違法な金融業者というものはそもそも法律の枠の外で活動をしているため、取立てや脅しを法的に解決しようとしても上手に事を運ぶことはできません。最悪の場合、夜逃げをして取立てや脅しから逃れるしかなくなってしまいます。

 

しかし、夜逃げをしたからといってすべてが解決できるわけではありません。

 

夜逃げをして新生活をする際には新たに住民票が必要になってきますし、預金口座を新規に開設する際にも公的な証明書が必要になってくるからです。新しい転居先に住民票を移動させれば違法な金融業者に新しい住所が知られてしまいますし、そうなってしまったときには夜逃げをした意味というものが全くなくなってしまいます。

 

そのため、借金の問題に頭を悩ませている人の場合、自分ひとりで悩むのではなく弁護士へ相談をして、借金に苦しんでいる現状から解放されるためにできる手段をアドバイスしてもらうようにしましょう。

 

夜逃げの理由

 

夜逃げの理由

闇金からの取り立てで夜逃げする人の理由は様々です。

 

借りた金を返せないという義務感・闇金業者の執拗な取り立てからの逃避・法的無知からくる逃避等様々です。

 

まず、闇金問題においての前提として業者から違法金利による貸し付け行為は違法行為であって、一切の当該貸し付けについて法的義務を負いません。

 

その様な事は裁判判例の集積から明らかです。

 

例え、違法貸付の一切の義務を履行しなくても、裁判でその事につき敗訴する事はありません。また、一連の取り立てにより、物的・精神的損害が発生した場合には、民法709条を根拠として業者に対して一連の損害につき賠償請求が法的に認められます。

 

その事につき、本人訴訟でなく、専門家を利用した裁判の場合はまず負ける可能性は低いです。闇金問題とは法的にはその様な状況であり、貸し付けした者に非常に不利で、貸し付けを受けた人には非常に有利な法的状況となっています。

 

従って、法的には、違法金利の貸し付けの際の一切の履行義務はありません。しかし、それは、法的な側面から言える事で、道義的にはそうではない人もいます。借りた金は返さなくてはいけないという道義(考え)を持っている人は、業者に対して義務感や罪悪感を持ってしまう人もいます。

 

そのような考えを持っている人は人によっては夜逃げします。また、業者からの執拗な金銭の取り立てに絶えれなくて夜逃げする人もいます。この場合の違法金利で金銭を貸し付けた側は、貸した金を取り立てる事を第一に考えます。

 

当該貸し付けは違法なので、法律や国は貸し付けた側を守ってくれません。従って、取り立ては正規の金銭貸し付け業者より、執拗な取り立てを行う場合があります。執拗な取り立てを成就させる為に嫌がらせをしてくる業者もいます。

 

この執拗な取り立て・嫌がらせに絶えれない人も人によっては夜逃げします。また、当該違法金利でも貸し付けが違法で一切の返還義務がないという事を知らない人もその無知から、先に述べました正義感・罪悪感から、又は、取り立て・嫌がらせに絶えきれずに夜逃げする人もいます。

 

この場合には、

 

この場合には、弁護士に相談すると、良い方向に向かう場合があります。

一度、当該事案解決の法律の専門家である弁護士に相談すると、良い方向に向かう場合があります。

 

借りた金を返さなくてはいけないという考えを持つのは本人の自由です。

 

日本国の最高法規である日本国憲法において思想・良心の自由規定によって国家的担保がある権利です。

 

しかし、この考えは、法的無知に起因する場合があります。知識が少ないので盲目的に借りた金は返さないといけないと考えているのかもしれません。その場合には、弁護士に相談してみる事は意義があります。

 

相談した結果なお借りた金を返さないといけないと考えるのは、本人の自由ですし、国家が担保している事です。また、業者の執拗な取り立て・嫌がらせは弁護士に相談して、弁護士が闇金業者と交渉すれば必ずではないですが執拗な取り立て・嫌がらせは止まる可能性があります。

 

法的無知の場合には、弁護士に相談すれば、当該事案につき法的有知に変わる事ができます。従って、闇金に困って夜逃げを考えている人は、弁護士に一度相談する事はメリットが多いです。

 

夜逃げ専門おすすめの引越し業者

 

「闇金」とは「ヤミ金融業者」の略であり、「表舞台ではなく、闇(裏)で活動している金融業者」のことです。その金利は暴利であり、「1週間で2割の利息で融資する」といっても、これはヤミ金業者の相場ラインとも言えます。

 

そして、もちろん返済が出来なければ、自宅や勤務先への電話はもちろんのこと、突然押しかけてきて返済を迫ってきます。

 

悪徳なヤミ金業者であれば、貸したお金を返してもらうということよりも、嫌がらせをどんどん仕掛けて来て、利用している人を精神的に追込み、結果、業者の言うことを何でも聞けるようになるまでコントロールするのが目的だったりします。

 

こういったケースは弁護士さんに相談すべきです。

 

こういったケースは弁護士さんに相談すべきです。

法テラスなどの無料相談所でも簡単な相談は受けてくれるかもしれません。しかし多くの場合はヤミ金問題を取り扱うのを嫌がるでしょう。

 

そもそもヤミ金業者が貸し出しているお金は違法なものなので、もしヤミ金業者から実際に借り入れをしていたとしても、法律的には返済する義務がないのです。

 

そのため法テラスなどでは「法律的には支払わなくて結構です。」とアドバイスを受けるだけでしょう。根本的に解決したいのであれば、ヤミ金問題に精通している弁護士さんに依頼するべきです。

 

そういった先生は、何をすれば解決できるかを知っていますし、どうすれば今後もヤミ金業者に狙われないか、などあらゆるノウハウを持っています。抱えている問題は必ず解決の方向へ向かうでしょう。

 

しかし、弁護士さんに支払うような報酬がなかったり、良い弁護士さんに巡り合うことができなかったり、警察に相談しても民事不介入で取り扱ってくれなかったりと、どうしようもなく精神的に追い詰められてしまった時は、人は「逃げる」ということも選択します。

 

そう、例えば「夜逃げ」です。

 

しかし全国的にも名が知れ渡っているような、いわゆるメジャーな引っ越し屋さんは引き受けてくれません。そういた引っ越しを専門に扱っている業者を探すか、小規模なところに受けてもらえるように話をするか、です。歯切れの悪い答えとなってしまいますが、料金はピンキリです。

 

荷物の量によって引っ越し作業の時間は大きく変わってきます。小型トラックに積み込める量ならまだ良いですが、大型トラックになってくると、その分の料金と、荷物の積み込みに要する時間が大きくかかってしまいます。それから移動距離も大事な要素です。

 

当然遠方への引っ越しだとその分の費用がかさみます。そして夜逃げ独特の要素ですが、その引っ越しがどれだけ危険なことか、も料金に大きく反映されます。こういった事情がありますので、なんとも言えませんが、最低でも「5万円」は計算しておくべきでしょう。

 

そして一般的な引っ越し業者さんよりも、夜逃げを専門に扱っているような引っ越し業者さんの方が費用を安く済ませられる可能性が高いです。安く抑えることができれば「5万円くらい」。もう少し余裕をもって計算するのであれば「10万円〜20万円くらい」といったところでしょうか。