闇金の押し貸しの手口とは?

MENU

闇金の押し貸しの手口とは?

 

闇金の押し貸しの手口とは?

闇金がよく行う押し貸しのやり方は知らない間に少額の現金を口座に振り込んで、後で法に害した高額な利息をつけて返済の要求をしてくるのです。

 

もし対応の仕方を間違えてしまうと後に面倒な事になってしまいます。

 

押し貸しが始まるきっかけとは、ホームページやダイレクトメールで融資の勧誘を受けた際に、電話を掛けて自分の口座を教えてしまいますと、勝手に現金を振り込んできます。

 

又は、悪徳業者が流出した個人情報を元に、銀行口座を調べ上げ突然振り込んでくるケースもあります。今までに闇金に手を出したり、どこかで何かに登録した際の個人情報が裏で売買されているといった可能性が高いと考えられるでしょう。

 

押し貸しの対処方法と致しましては、

 

まず初めに闇金に知られてしまった銀行口座を解約し、電話番号も変更して下さい。口座さえ解約してしまえば新しい口座の情報を調べる事は不可能ですから、押し貸しの被害に合う事はないでしょう。その他、まずは電話が繋がるかを確認してから犯行に及びますから、携帯電話の番号は事前に変更しておくことで被害を予防できるでしょう。

 

また、闇金の押し貸しで使用されてしまった口座を解約しなければならない訳は、その振り込まれた貸付金が他の被害者が支払った被害金の可能性も高いですから、口座が犯行に利用されていたと認識された時は、直ぐにその口座を凍結する様に弁護士から指示されます。

 

闇金から現金の振り込みを受けただけで犯罪に利用された預金口座とみなされるので凍結させなければならない恐れがあります。この様な対策法から、闇金に教えた預金口座は全部早期に解約するといった事が大切です。ですので面倒ではありますが、各種料金の支払いの引き落とし口座となっている場合も変更手続きを行って下さい。

 

押し貸しには別のパターンも発生していまして、

 

一般貸付業者だと思い融資を申し込んだ後に闇金だと気付いて、直ぐにキャンセルを申し込んだとしてもそれが認めてもらえずに口座にお金を振り込まれてしまうといったケースです。このケースでは、早急に口座の解約を済ませれば押し貸は免れますが、手数料やキャンセル料、迷惑料といった名目で数万円の要求をされる事もあります。

 

最初に勤務先の情報まで伝えてしまっていたら、間違いなく勤務先に電話を掛けてくるでしょうから、こうなると自分一人での解決は厳しいでしょう。

 

事前に防ぐ方法と致しまして、口座を解約したり電話番号の変更手続きが有効ではありますが、万が一、変更前に現金が振り込まれてしまっていたら、勝手に振り込まれたでは通用せず自分から借り入れた事と同じとみたされてしまい、振り込まれた金額の返済の意思を伝えても素直には応じてはもらえないでしょう。

 

こちらの話す事は無視され、強引に返済日や利息の説明をされて契約までさせられてしまいます。一番手っ取り早い対策ですと、闇金を専門とする弁護士に依頼する事ですが、当然お金も必要となります。

 

弁護士を通さず、自己責任で解決に至る場合は毅然とした態度での対応が重要となります。気を高ぶらせ感情的にならず、常に冷静で落ち着いて電話で対応しなくてはいけません。もし感情的に接してしまうと、相手が逆上してしまう事となります。

 

話す内容としておすすめなのは、

 

話す内容としておすすめなのは

お金を持っていない為返済できない事、弁護士に相談を持ちかけたら利息や元金さえも返済する義務が無いと言われた事、

 

自分の手に現金が渡った事は確かなので返済したいと思っている事、もし同意が得られないのであれば弁護士に依頼すると決めているが、

 

そうする事で弁護士費用がかかるのでどうにか避けたいと思っている事等をしっかり伝える事が重要となります。

 

そう伝える事で闇金は、弁護士や司法書士に依頼されたら、元金ですら戻ってこなくなると考え直ぐに応じてくれて、話をするだけで引き下がるケースもあるので、なるべくお金を使わずに解決させたい場合は是非試した方が良いでしょう。

 

もし、貴方の口座に身に覚えがない現金が振り込まれたりしたら、絶対にそのお金には手を出さない事です。返済する義務のない闇金からの押し貸しだと分かっておきながら使ってしまうと、貴方は悪意のある利用者だと判断され、知っていて使ってしまったのなら、元金や利息はちゃんと支払わないと犯罪行為とみなされてしまい、闇金側もそこに激しく突っ込み悪質な取り立てをしてくる事もあります。

 

知らないうちに現金が振り込まれていた事に関して、闇金相手に交渉する知識があまり無い人がちゃんと対処できる人は稀でしょう。万が一、間違った対応をしてしまうとそれに付け加えて、更に悪化してしまうケースもあるので、自己対応策も紹介致しましたが、できれば上手に対応する自信が無い人は最初から弁護士に相談する事をオススメします。

 

このような闇金についての被害でしたら、

 

無料で相談に乗って頂ける弁護士や司法書士事務所もありますので、その様な所に頼るのも方法の一つです。押し貸しというのは、こちらの承諾も無しに勝手に現金を口座に振り込んでくる行為ですので、もし借り入れする意思がないのであれば、口座に入金がされているからといって実際には契約成立は致しません。

 

ですので、借金は無効ですし、利息も勿論一円も支払う義務はなく、契約書等もありません。消費者生活センターや警察に通報すれば、貸金業法に対して違反行為とみなされる為、この様な所でも対処して頂けます。

 

少額でもお金を使わずになんとか対処したいという気持ちはわかりますが、費用がかかっても闇金に強い弁護士や司法書士に相談・依頼した方が解決に向けての近道となります。