MENU

会社に取り立ての電話が掛かってきた時の対処法

闇金から会社に取り立ての電話が掛かってきた時の対処法。

 

会社に取り立ての電話が掛かってきた時の対処法

闇金に困った時は法テラスや役所を頼るのではなく、サルートやウイズユーといった闇金に詳しい弁護士が多数いる所へ相談されるのがオススメです。 

 

お金に困り借りるしかなくなった時は、この様な幾つかの方法があるので知っておいて下さい。まず頼るべき人は、家族や友人に相談し借りる事です。

 

その次は自分が所持している高価な物を一端質屋に預けて、現金を借りる手段です。それが難しければ銀行やクレジットカード会社や消費者金融会社が運営するカードローン・キャッシングサービスに頼るといった手段です。この様な方法が一般的な手段ではないでしょうか。

 

ですが、

 

こういった身内や友人からどうしても借りるのが難しかったり、質屋に預けたりできるような物や売却してお金になる物品を所有してない人、今現在法で定められている限度額いっぱいまで既に借り入れをしてしまっている人、

 

名前がブラックリストに載ってしまっていてごの金融会社からも借り入れる事が不可能な人、そのような人達に最悪の罠を仕掛けようと忍び寄るのが「闇金融業者」といって世間では一般に「ヤミ金」と言われている集団です。

 

審査なしに簡単に融資が受けられますが、絶対にヤミ金業者から借り入れしてはダメです。もし現在の借金の借り入れが滞っているのでしたら、ヤミ金に頼るのではなく、借り入れしている業者に何度も交渉し頭を下げにいって返済期限を延ばしてもらいましょう。万が一ヤミ金から一度でも借り入れしてしまうと貴方は危険な目に遭ってしまいます。

 

きっと借金が重なり首が回らない人達は「今以上の苦しみはない」などと思う人が多数いるかと思いますが、その様な事は無いのです。ヤミ金に手を出してしまったら今以上の苦しみを味わう事になりきっと地獄を見るでしょう。ヤミ金から借りた時点で法外とされる利息を要求されますから、返済は難しいです。

 

きっとヤミ金に手を出してしまう人は、他から借り入れができず窮地に立たされた人に違いありません。そしてその様にお金に困っている状況なわけですから、10日で1割や2割などといった利息が支払うなんて不可能です。もし返済期日が守れないとヤミ金業者からの悪質な取り立てが始まり恐怖におびえる日々を送らなくてはいけないでしょう。

 

例えば

 

勤務先へは脅し口調で電話を掛けてきます。基本的には、「上司に電話を変われ!」「会社の同僚らにお金を借りといて返さない最悪な奴だと言い歩いてやる」等の幼稚な内容でヤミ金業者は相手が嫌がる様子見たさに仕掛けてきます。

 

その脅迫は日に日にひどくなっていき、毎日時間関係なしに電話が鳴り続けます。貴方が今までに普通の貸金業者からお金を借りた経験がある場合は、その時に対応してもらったイメージを持ってはダメです。ヤミ金とは全く違う業者対応になるからです。

 

一般的によく知られているような貸金業者ではちゃんと貴方をお客様として対応して頂けますので、何度も返済が遅れたり、少しぐらいきつい言葉で話しても、話が通じるわけです。要するに話し合いもして頂けるのです。

 

ですが、ヤミ金業者はその様にいかない相手です。

 

ヤミ金業者はその様にいかない相手です。

まず話し合いができません。貴方をターゲットとして一度狙うと、金銭をむしり取るまでしつこくつきまとってきます。

 

中でもより悪質な業者ですと、こちら側に返済する意思表示をしても聞く耳を持ってくれません。

 

それはどうしてかというと、返済しようとして振込口座を聞いても色々な理由をつけ教えてくれないのです。

 

例を挙げますとお金を何とか準備して返済の当日に電話を掛けても「担当者が不在で振込先の口座がわりません」と言われるのです。そしてやっと担当者と連絡ができるようになるのは、銀行振り込みができる時間が過ぎてからなのです。

 

そのあげく、「返済が間に合っていない」などと攻められてしまいます。返済する意思があり、不在で振込先がわからなかったと反論しても、「ホームページにも記してありますが、返済の前日までに連絡しなくてはいけない」や、「融資した際も前日までに連絡が必要だ」などの様に言いがかりをつけてきます。

 

ヤミ金の狙いは、要するに元金をいかに返済させないかであり、一般的な貸金業者といった体制が整っていないのです。ですから驚く様な高額な利息を請求してきますし、もし返済が遅れてしまうと嫌がらせをどんどんしてきます。実際にヤミ金業者から融資を受けていなくても、被害者となってしまう人もいます。

 

その手口は、

 

「誰でも30万円のご融資が受けられます」や、「ブラックの方でも大丈夫!申込み即日に融資できます」と言ったような甘い言葉で誘い簡単に申し込みをさせます。そうすると業者から電話がかかってきます。

 

電話の内容は、「前にインターネットから申し込みされた時点で、本契約となり解約は不可能です。もし解約を希望されるのならキャンセル料を支払って頂きます。」と言ってお金を騙しとるといった手段が年々増加してきています。この様な業者の悪巧みに必ず応じてはダメです。

 

このように色々な手口で脅迫してきますが、これはほんの一部にすぎず本当の顔ではありません。一言で申しますとヤミ金業者と貸金業者は全く違うものなのです。貴方が持っているお金を1円たりとも根こそぎむしり取ったり、その次は貴方の身内にまで手を伸ばしお金を奪うといった凶悪な集団といえます。

 

ヤミ金業者は極悪極まりない集団ですので、万が一何かしらの悩みを持っている人は、絶対に一人で何とかしようとするのは避けましょう。法テラス、役所、警察といった所でも対応してくれますが、徹底的に問題を解決させたいのでしたら、サルートやウイズユーにはヤミ金に詳しい専門の弁護士の先生が複数いますので、何人かの方に相談すると良いでしょう。

 

今、地獄へ一歩足を踏み入れてしまい絶望の淵に立っているあなた、きっと専門家が豊富な知識やアドバイスでそんな貴方を助け出してくれるに違いありません。ヤミ金に詳しい弁護士の先生方は現実的な生活面でのアドバイスも勿論ですが、精神面でも支えとなって相談にも乗ってくれます。弁護士に頼るのは勇気がいりますが、是非相談してみて下さい。

 

最後となりましたが、

 

ヤミ金業者と分かっておきながら、それを承知で借り入れる側にも責任があります。一生に一度しかない大切な貴方の人生です。今あなた自身がこれから先の人生についてしっかり向き合う必要があります。